読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四国で、暮らす

Iターンで四国へやってきました

瀬戸内国際芸術祭 夏会期の最終日だけど、大塚国際美術館へ行く

「夏会期最終日の日曜日、豊島に行ってこよう。」

と思ってました。

台風12号がやってくるとニュースでみるまでは…

前日まで悩んだ結果、あきらめました。
(帰りのフェリー欠航とかなったら怖いので)

そして日曜日当日の朝、空が青い・・・晴れて、いる…
この時、今から準備すれば昼のフェリーに間に合うな、というのはわかっていましたが・・・
確実に台風のいない晴れた日に行こうと言い聞かせました。

でも、せっかくお出かけ気分が盛り上がってたので、どこかへ出かけることに。
ということで、徳島にある"大塚国際美術館"へ行って来ました。

大塚国際美術館|徳島県鳴門市にある陶板名画美術館

たぶんこれで、3回目くらい。
入館料高いけど。にせものだけど(大人 3240円)
matome.naver.jp

今回も、音声ガイド(500円)をかります。
f:id:shikokugurashi:20160919132204j:plain
iPod Touchタイプは全部でていたで、もう一つの方で。
ペンで数字をタッチするとその絵の解説がはじまるのです。

f:id:shikokugurashi:20160919132226j:plain
まずは、システィーナ礼拝堂天井画

f:id:shikokugurashi:20160919134359j:plain
吹き抜けスペースでは、ニューヨークアートのイベント中でした。
マステでアートしたり、コスプレできたりと楽しそう。

f:id:shikokugurashi:20160919134610j:plain
コスプレグッズの一部。奥には有名絵画になりきれるドレスなんかもありました。

f:id:shikokugurashi:20160919133549j:plain
最後の晩餐パネル。複数人いたらぜひ。

このパネルは、古代のエリアに行く途中にあるんですが、ここで
古代のエリア行ったこと無い、ということに気付く。

いつも午後の中途半端な時間に着くので(今回もだけど)、つい有名どころからまわってしまうから…だと思います。
せっかくなのでさくっとまわりました。(写真をスマホで撮るの忘れてた…)

f:id:shikokugurashi:20160919134807j:plain
システィーナ礼拝堂もですが、このように絵画だけじゃなくて壁画まで陶板(タイル)で再現されています。
(この空間に入ったとき、ちょうど熟年カップルが台のところで愛を誓い合うところに遭遇。ああ、気まずかった)

f:id:shikokugurashi:20160919135255j:plain
絵画はこんな感じで、有名絵画が一気に見れます。

原寸大再現なので、
f:id:shikokugurashi:20160919135358j:plain
夜警もこの迫力。

f:id:shikokugurashi:20160919135417j:plain
ゲルニカもこの迫力。

とにかく広いのでソファ、ベンチが設置してあったりします。


それでも疲れたら、カフェもあります。レストランもあるけど、いつも到着が午後なので間に合わず。
モネの池を眺めながらお茶できます。

f:id:shikokugurashi:20160919135734j:plain
モネのパンケーキ 800円


今回も閉館ギリギリまでいました。
初めて来る方で、全部しっかり見たい!と言う方は1日美術館というスケジュールが良いかと…
それくらい見所がありますし、時間が足りないのです。

1000余点の作品が地下3階から地上2階まで約4kmに渡って展示されています(大塚国際美術館ホームページより)

と書いてあるように、とあるブログでは、2日間をこの美術館に費やしたと言う方もいました。

モナリザみて、ゴッホのひまわりみて、最後の晩餐みて、ムンクをみて…を考えたら、3240円の価値はあるかなと思います。